FC2ブログ

性欲処理日記077 

2018, 03. 24 (Sat) 10:00

性欲処理の道具であることを可視化するかのように、
拘束具でベッドに縛り付け、肢体をさらさせる。

裸に剥かれ、胸も股間も丸見えになる。
目隠しをされた彼女自身だけが
その自分の姿も、どんな陵辱にさらされるのかも
見ることができない。

乳房を揉むと、警戒するように体を縮めようとするが、
縛られた手首の革手錠が、彼女の自由を許さない。
「こんなの、イヤ」
と体を硬くして、不安のなかで押し黙る女の乳首を指先で嬲り、
舌の上で転がし、胸元から下腹部へと手を這わせて、
陰毛をいじる。

時折びくりと愛撫に体を痙攣させるが、
拘束されることへの抵抗を示すかのように、
感じるそぶりも見せず、声も上げようとしない。
「こういうのはイヤ! 目隠しもとって!」
そういう彼女には答えずに、
激しく振動するバイブを股間にあてがう。
「・・・っ!!」
屈辱には屈さないとでもいうかのように、
彼女は声を出さず、逃れようとするが、
をいくらくねらせてもバイブからは逃れられず、
拘束具が足首にめり込むばかりだ。

z0077a.jpg

後に、指の根元まで手マンでくわえ込まされることになるが、
まだ生のペニスしか受け入れたことがなかったヴァギナに、
ビリビリと震える異物が挿入される。
おぞましい侮辱に耐えるように、
彼女は一言もなく体を硬くする。

ぬくもりのない電気で感じさせられるには、
彼女の体も心もまだ頑なだった。
めり込まされるバイブに苦しげに身をよじらせ、
異物を入れまいとするかのように
下腹部に力が込められるが、
バイブはうねりをあげながら
彼女の守ろうとするの奥深くを目指して
回転するようにこじ開けてゆく。

やがて彼女のは、何の感情もなく
性感を剥き出しにするためだけの
姦淫の器具を拒みきれず、
陰毛の茂みの女の奥深くへと飲み込んでいった。

z0077bb.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

タグ:性欲処理 拘束 陰毛 下腹部 バイブ 手マン 陵辱