FC2ブログ

性欲処理日記058 

2018, 03. 05 (Mon) 10:45

「いやあっ、犯されてるみたい! いやあっ!」
本気で逃れようとする彼女の肩を押さえつけ、
たぎるペニスをねじ込み、数十分の絶え間ないピストン犯す

男根が出し入れされるたびに、
ぬぷっ、ぬぷっという音がこだまするように壁に響く。
突き上げられるたびにを揺らしながら、
「ダメ、死んじゃう、許して!」
と叫ぶが、それはペニスをたぎらせる材料にしかならない。

「もう十人分くらいされてる・・・」
やがて息も絶え絶えなように、
「壊れちゃう、やめて・・・」
とぐったりする彼女を容赦なく蹂躙する。

「イクぞ!」
しがみつくように腰に手を伸ばした彼女のに、
勃起し続けているペニスを激しく脈打たせ、
ピストンしながらどくどくと膣内射精して注ぎ込む。

激しい吐息がぶつかるなかで、
中出しされているとき分かるのか?」
「分からない」
中出しを感じる女もいると告げながら
たっぷりとねじ込んで子宮に注ぎ込んだペニスを抜くと、
じゅぼっという音とともに股間からが溢れ出す。

濡れて開きすぎると、中出しされても分からない。
それゆえに、以前の彼に中出しされたことを、
間もなく僕は知ることになる。

z0058.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

タグ:ピストン 犯す 蹂躙 中出し 膣内射精 股間 子宮