FC2ブログ

性欲処理日記177 四つん這いで花開く汚らしいおまんこ 

2018, 07. 02 (Mon) 01:30

脳髄を痺れさせる快感のためなら、
秘すべき性器は天井を向くほどに突き出して差し出される。
四つん這いになり、高く盛り上がるの肉をかき分けて、
股間からアナルまで、雄の手のひらに包み込まれる。
「うう・・・あはぁ・・・いやぁ・・・」
籠もった吐息が上の口から漏れ、
下の口からはどろりと粘着質な愛液
雄の指先を伝って陰毛を濡らし、
シーツへと滴り落ちる。
「ああ・・・いや・・・横にならせて・・・」
「だめだ・・・イヤらしいところを見てもらいな・・・」
「いや・・・汚らしいおまんこ見られたくない・・・」
「ぐちょぐちょ音を出してるのを見たら、
・・・きっと勃ってくれるよ・・・?」
「ああっ・・・恥ずかしい音がしてる・・・」
指でかき混ぜられ、白濁した愛液にまみれたおまんこは、
愛撫でしか耳にすることのない音を発し続ける。
「なんの音?」
「・・・・・・」
「聞こえないよ?」
おまんこが濡れてる音!・・・ああっ、あああっ・・・!」
びらびらに濡れて開く女性器は、男の手の平までが
ぐちゃぐちゃにふやけるほど容赦なく撫で回され、
きれい事では済まされない性愛の形を露わにして
男根を挿入され、精子を注ぎ込まれる夢想に乱れ狂う。

z0177a.jpg
明日も彼女の裸体を見てくださる方は、
どうぞバックからヴァギナとアナル
責め立ててやるつもりでクリックを・・・
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

タグ:性器 四つん這い アナル 下の口 愛液 おまんこ 白濁 女性器 バック