FC2ブログ

性欲処理日記169 下着すら脱がせてもらえぬ交尾後の姿 

2018, 06. 24 (Sun) 00:01

赤黒くいきり立つ肉棒をいきなり体内に挿入される。
パンツ脱がせて・・・!」
という哀願は聞き届けられず、
おまんこは雄の亀頭を剥き、
肉棒を生暖かい愛液で舐め回す快楽の器具となる。

数十分に及ぶ激しいピストン。
はあっ、はあっという雌の吐息を上げながら、
脱がせてもらえぬままのパンツ
太ももから膝までずり下がってゆく。

正常位で、そして側位でペニスをしごかされ続けたおまんこから、
愛液がこぼれ落ちる感触とともにぬるっとペニスを引き抜く。
性交を終えたばかりのおまんこが丸見えになるように
手での肉をもみ上げる。
「・・・うう・・・いやだ・・・」
まるでオナニーの道具のように男を使うセックスをしたときとは異なり、
雄の性欲の道具にされ、下着すら脱がせてもらえぬまま交尾を終え、
をまさぐられて、役目を終えたばかりの性器を
さらけ出させられても呻くことしかできない無様な姿。
望まないセックスで果てさせられた女の姿がかき立てる
嗜虐的な欲望が、精子を放出したばかりの海綿体に再び硬く宿る。

z0169.jpg
明日も彼女の裸体を見てくださる方は、
どうぞ彼女のパンツをずり下げて
バックから犯すつもりでクリックを・・・
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

タグ:肉棒 パンツ 太もも 側位 おまんこ 愛液 交尾 セックス 性欲