FC2ブログ

性欲処理日記162 旅先編その2-7 再び湯浴み、そして顔射 

2018, 06. 17 (Sun) 00:00

温泉宿の一室で欲情の体液にまみれた体。
体中にまとわりつくザーメンを荒い落とす。
性交を終えたばかりの女は、
他の雄が警戒せずに近寄れるよう、
裸体にのしかかった男の匂いを素肌から消すために、
外からも見える白昼の温泉で再び湯浴みをする。
セックス後のメンテナンスは、
次なるセックスへのメンテナンスに他ならない。

z0162a.jpg

湯上がり、髪すらまだ乾かぬうちに、
部屋に戻った彼女を再び布団の上に押し倒す。
「あっ、いやっ・・・ちょっと・・・!」
清めてきたばかりの体にのしかかり、
浴衣をはだけさせてを揉む。
「いやっ・・・終わったばっかりなのに、いやだっ!」
それ以上、声が大きくなれば、
嫌がる女が犯されていることが隣室に知れるだろう。
射精したばかりだが、またいきり立ったペニスを
彼女の口に押し込む。
「あっ・・・んっ、むぐっ・・・あぐうっ・・・」
上気した彼女の口でしごかせる。
「んっ、んっ・・・・んっふうっ・・・!」
観念したように彼女の舌と唇がペニスを這い回り始める。
性欲を体現する生々しい動きが、
生暖かく肉棒を愛撫して、二度目の射精を挑発する。
「ふうっ・・・イクぞ、顔にぶっかけるぞ!」
「んっ・・・んんっ・・・」
うあっ、という男の呻き声とともに、
顎から鼻、目、眉、額、そして髪の毛までを
どろどろの白い液が覆いつくす。
彼女は、
「うう・・・ふうっ・・・」
と呻き声を漏らしながら、
ザーメンの匂いを満腔に吸い込まされて、
フェラチオ顔射による
二度目の勤めを果たしたことを知る。

z0162bb.jpg

明日も彼女の裸体を見てくださる方は、
どうぞ湯上がりの彼女に
顔射するつもりでクリックを・・・
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

タグ:ザーメン 性交 セックス 犯され 射精 顔射 フェラチオ 性欲 白い液