FC2ブログ

性欲処理日記117 

2018, 05. 03 (Thu) 00:00

それまで感じたことのな快感を植え付けられた。
右手でペニスを握りしめながら、
男の性欲を剥き出しにするように
唇で念入りに亀頭をなぞる。
唇でペニスの輪郭をかたどり、
べろべろとはしたなく舌を出して肉竿を舐めあげる。
雁首のところで止めた舌先でツンツンと刺激される。
我慢できずにカウパー液がどぴゅっと迸る。
「すごい・・・こんなにべとべと・・・」
と言って、汚れた白く指先を目の前にちらつかせる。

「ここが感じるの?・・・ここ?・・・ここが気持ちいいの?」
右手で握りしめられたペニスは、はち切れんばかりに怒張して、
彼女の思いのままに脈打たされている。
「どうやったら気持ちいいの?」
「もうイきかかってる、止めてくれ!」
「いや!イクまでやめない。どぴゅって出たら、お顔にかかっちゃう・・・」
「イク、イク、止めてくれ、中に入れさせてくれ!」
「ダメ。イっちゃいなさいよ。怖いの?」
「気持ちいい!他の男にやってみろよ、あっという間にイクぞ!」
「すぐにイっちゃう?・・・やってみるわ・・・」
そう言う間も、雁首は執拗に舌先で嬲られ続ける。

脳髄が痺れてくる初めての感覚に襲われ、
「おっ、おおっ・・・!」
と呻き声を上げると、
「もっと感じちゃいなさいよ、ほら、ほらっ!」
と挑発的に上目で見上げながら、
今度は人差し指と中指をそろえて上下させ、
雁首を押さえるように刺激する。
それ以上強くすれば痛みになるぎりぎりの激しい刺激で、
ペニスを握られたまま僕は悶絶する。
「ほら、イっちゃいなさいよ!
・・・みんなもっと簡単に出しちゃったわよ」
「お前のこの手でしごいて、その指先に出したのか」
「そうよ、こうやってしごいたら、どぴゅって出て、
どろどろって・・・」
雁首の刺激に気が遠くなる。
クリトリスでイかされる女はこんな感覚だろうか。

「すべてのことのなかで、フェラチオが一番自信があるの・・・」
耐久を超える快楽のなかで気を失いそうになりながら、
「だって、気に入ったおちんちんは、一生懸命舐めるから・・・」
という彼女の呟きが聞こえてくる。
それは、初めて男根を咥えさせたときには、
フェラチオはあまり好きじゃない」
と言っていた彼女の、
フェラチオをして欲しさに男が彼女に
セックスをせがまずにはいられなくさせるための
大きな武器となることを自覚した淫靡な勝ち鬨だった。

延々と続くフェラチオ
左手の手のひらで踊らされる睾丸で、
いまにも射精される大量の精液
熱く性欲をたぎらさせている。
z0117.jpg

彼女の裸体を明日も見てくださる方は、
どうぞ彼女への口内射精のかわりにクリックを・・・
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

タグ:ペニス 肉竿 雁首 カウパー液 フェラチオ おちんちん 男根 睾丸 射精 精液