FC2ブログ

category: 下着/前姿  1/2

性欲処理日記013

性欲の奥深くからこみ上げてくるような彼女の喘ぎ声は、部屋の壁を越えて、彼女が快楽の渦に身を委ねていることを近隣にまで知らしめていたかもしれない。下着の奥で日に日に挑発的になる彼女の体に、僕は激しく勃起をする。...

  •  -
  •  0

性欲処理日記022

言い寄る男たちは、彼女が身に纏う下着と、その奥で疼く性に想いを馳せて精液を出しているだろう。黒い下着の奥で、彼女は自分の体が妄想の餌食に使われていることを知っている。そのことを、彼女に欲情している男たちは知っているだろうか。...

  •  -
  •  -

性欲処理日記023

男の道具にされるのか、それとも男を性欲処理の道具として淫らな性に溺れたいのか、その選択肢は僕ではなく彼女にあった。そのことに気づかぬまま、彼女の下着を剥ぎ取る僕に、男に犯されるよりも男を犯したい願望を彼女は少しずつ露わにすることだろう。それがきっと、彼女が僕を手放さない理由の一つだった。...

  •  -
  •  -

性欲処理日記028

挑発的な仕草で下着を脱ぐ女と暗闇のなかでともにいれば、たどりつく行為は一つしかない。この写真を見るあなたは、彼女の下着を剥ぎ取りたいと想うだろうか。彼女のように男を挑発しながら、下着を剥ぎ取られたいと想うだろうか。もし、あなたがそうした欲望を抱くなら、後に語ることになる、彼女が他の男のペニスを咥える写真に、あなた自身の願望を重ねてもらえるかもしれない。...

  •  -
  •  -

性欲処理日記059

前戯でぬるぬるに汚れた下着を脱ぎたいと恥ずかしがるが、かまわずに透けて見える陰毛に愛撫を続ける。薄絹の奥で、小陰唇の花びらが開くのが見て取れる。布を通して淫靡な香りが立ちこめる頃、秘所を覆う布をずらして、指でなぞってやると、刺激を期待する声と淫液とが、上と下の口からはしたなく漏れ出る。...

  •  -
  •  -

性欲処理日記060

服を剥ぎ取ると、その日の彼女の性が現れる。下着は陰毛と性器を隠そうとするのか、それともこれから暴かれる性欲への導火線なのか。それは女の選択肢であると同時に、剥ぎ取る男たちにも委ねられる共犯の悦楽だ。しばらくの間、写真から彼女の性欲のベールを剥ぎ取る妄想を皆さんと共有できるだろうか?...

  •  -
  •  -

性欲処理日記061

その日の気分なの、と彼女は言う。ペニスにむしゃぶりつき手放さないときもあれば、クリトリスと乳首の愛撫をねだり、指先の愛撫で昇天するときもあり、愛撫なしで挿入を哀願したり、淫乱に悶え狂うときもあれば、嫌がる素振りで半泣きになりながら犯されるときもある。彼女のセックスは、服を脱がせてみないと分からない。彼女の気分に寄り添ってイカせるときもあれば、踏みにじって犯すときもある。彼女の淫らな姿を見てくれてい...

  •  -
  •  -

性欲処理日記062

彼女の性器をこじ開けた最初の男は、「今日はやりたくない」と彼女が拒んでも、太く勃起したペニスを好きなように挿入したという。彼女のおまんこを味わった二番目の男には、体つきや生い茂る陰毛を視姦され、「いやらしそうな体つきだね」と言われたという。性を煽られた彼女のそこがどう濡れたのか、下着の奥でふくらみを見せる彼女の恥骨から妄想してやっていただきたい・・・...

  •  -
  •  -

性欲処理日記063

一人目のペニスか、それとも二人目のペニスか。セックスの味を知らしめられた彼女は、抱かれる前からおまんこがぐちゅぐちゅに濡れているのを恥じて、性交の前にそっと拭いていたこともあったという。そのときの彼女の体しか知らない男たちが、この下着の中に手を差し込んでまさぐり、熟れて淫らな今の彼女の肉体を目の当たりにすれば、彼女にねじ込んで瞬く間に射精するだろう。そして、彼女も密かにそれを望んでいる。元の彼から...

  •  -
  •  -

性欲処理日記064

「セックスをしたがっているんだろ」別れた男たちが連絡を送ってくるのは、そういうことだ。「お前も入れたいのか?」そう尋ねると、彼女は、「そう。おいしそう・・・いまならもっと楽しめそう・・・」と答えて、うふふと笑った。愛撫をはじめると、彼女はすぐに下着を脱ごうとする。「汚れちゃうから」「いいじゃないか、べちょべちょになれよ」他の男にはされなかったのかと尋ねると、「されなかった。みんなすぐに脱いだわ」と彼...

  •  -
  •  -

性欲処理日記065

彼女の腰を突き上げて精子を出すために使った二人の男のほかに、彼女が裸を見せて手コキでイかせた男がいたという。二人目の男とセックスをしなくなり、男に飢えた体をもてあましていたときのことだ。男は彼女の手の中で射精をして、ペニスを握る彼女の指にどろどろと精液が垂れたという。下着の奥で精子を注がれるのを待ち望んでいる性器に挿入したのかどうか、僕はまだ知らなかった。その男との一夜きりの性行為を最後に、彼女の...

  •  -
  •  -

性欲処理日記066

男に飢えていることを隠していたが、性器の奥底で性欲が熱く潤っていたからだろう。合意もないままに彼女を押し倒して犯し続け、性欲処理の道具にしたことは、自然な顛末だ。彼女もまた密かに、性欲を満たす快楽の器具として僕のペニスを手放さなかった。まるでディルドのように僕のペニスを割れ目にあてがって濡らす彼女にオナニーはしないのかと尋ねると、「セックスができなかったときにはしていた」と彼女は答えた。見せて、と...

  •  -
  •  -

性欲処理日記082

揉みしだかれたくて硬くなった乳首と、ぐちゅぐちゅと音を立てて男を飲み込みたいと飢える性器を隠している下着を、男の前で何百回さらしたのだろう。セックスをするための下着を身につけて、何食わぬ顔をして外出し、仕事をし、友人と会い、ホテルにつくや、男が勃起するのを尻目に楽しみながら、まるで「女はみんなこうなのよ」とでも言いたげに。下着を外して裸体をさらしてゆく。...

  •  -
  •  -

性欲処理日記099

誰の目も届かない個室に入る。服に隠されたそのなかで、黒いストッキングに素肌の股間と陰毛が透けていたことを彼女と話していた誰も知らない。上着を脱ぎ、ブラジャーのホックに手をかける。裸体をあらわにするその前から、彼女のセックスは始まっている。...

  •  -
  •  -

性欲処理日記105

肉体を隠すはずの下着が、裸体よりも肉体を誇示するとき、下着を見せつけられた雄は、女がどんな服を着ていたかを忘れ、下着の奥に潜む性欲を暴きたい衝動に支配される。そのことを知り抜いている雌は、淫らな香りを股間から漂わせながら、下着に性欲を彩らせて雄の視線に体をさらす。男性器から大量に注がれる精子を想像するのだろうか、下着のうえから子宮を撫でるような仕草で、カウパー液をしたたらせる雄に自分の性器との交合...

  •  -
  •  -

性欲処理日記111

陰部を隠す下着から、その陰部のみを覗かせる卑猥。隠すふりをしながら開かれた下着の穴は、男の視姦を拒むふりをしながらぱっくりと口を開いて結合を待ち受ける女性器のアナロジー。乳首を硬く勃起させる乳房を見下ろし、紫の下着の穴と、その奥の女体の中央で雄を待ち受ける穴をくぐり抜けて、彼女の子宮に精液をそそぐためにぬるぬるに生ぬるく開かれている膣壁に迎えられながら僕は男性器を滑り込ませる。...

  •  -
  •  -

性欲処理日記122

「年下でも年上でもいいの」ブラジャーを見せつけながら、彼女は言った。セックスに慣れた男が相手なら、下着を剥ぎ取られ、剥き出しにされた乳房をまさぐられ、吸い付かれるのにまかせるだろう。女を知らない男が相手なら、淫靡な笑みを浮かべて男の手を導き、ブラジャーの上から揉ませながら、耳元で喘ぎ声をきかせて挿入する前に汁を垂らさせて楽しむだろう。明日も彼女の裸体を見てくださる方は、どうぞ彼女のブラジャーを剥ぎ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記141

セックスをするために落ち合う夜半、スパッツ姿で現れた彼女の股間には肉感丸出しのおまんこのふくらみが露骨にさらされていた。性器の形をかたどるその下半身の姿が、通りすがりの男たちにおかずを提供していることを彼女は知っているのだろうか。おそらく気づいていない彼女を視姦して股間をまさぐり、割れ目の形を浮き彫りにして汁を滲ませてやっていただきたい・・・明日も彼女の裸体を見てくださる方は、どうぞスパッツの股間...

  •  -
  •  -

性欲処理日記145

最も見られたくない姿を、最も見られたくない角度から凝視する。性器を隠すはずの下着が、愛撫で濡れそぼつシミの広がりとともにかえって性器の存在を浮き彫りにしてゆく。開かれた股間は、はやく下着を剥ぎ取られたい願望で生ぬるく潤う。ラベンダーの下着の薄絹のすぐ下では、ラベンダーよりも濃厚で淫靡な香りを放つ花びらがじゅくじゅくと開こうとしている。明日も彼女の裸体を見てくださる方は、どうぞ下着から滴らせるほど愛...

  •  -
  •  -

性欲処理日記148 性愛の紋様

匂い立つような性欲の彩りの紋様。胸のふくらみ、勃起した乳首、下腹部と骨盤の奥で精液を待ちわびる子宮、ボディストッキングはその全てを覆いながら、むしろ全てを雄の視姦にさらして、何一つ守ろうとはしていない。男の性欲をその身体の中央にただ迎え入れるためだけの紋様を身に纏い、性器を守ろうとする恥骨と陰毛をさらけ出して股間を湿らせて入り口を開こうとしている女に、望み通り、勃起したペニスをずぶずぶと埋めてゆく...

  •  -
  •  -