FC2ブログ

category: 旅先編・その1  1/1

性欲処理日記070

【旅先編 その1-1】旅館の居室に案内されるなり、「まだ仲居さんが、ドアのところにいるから・・・」と拒む彼女の上着とブラジャーを剥ぎ取る。「外から見えちゃう」「見せちゃえよ」露骨に勃起した乳首が、彼女の言葉とは裏腹に嬲られるためにツンと硬く天井を向いている。丸見えになった乳房を揉みしだく。宿に着くなり、性欲処理の営みがはじまることに当惑する彼女の胸を鷲づかみに愛撫する。「いや。私だけ脱がさないで」という...

  •  -
  •  -

性欲処理日記071

【旅先編 その1-2】胸を揉みながら、雌となる恭順の意を示した彼女の腰を引き寄せる。昼ひなかの明るみのなかで、股間を重ね合わせた座位で交尾が始まる。求められるままに、おずおずと股間を差し出した彼女だったが、ペニスがヴァギナにめり込むと、あごをあげて天を仰ぐような吐息を漏らし、太ももの間から女になってゆく。 交尾が始まってしまえば、もう彼女のおまんこは涎を流して雄をむさぼるばかりだ。勃起したペニスを挿入...

  •  -
  •  -

性欲処理日記072

【旅先編 その1-3】座位と正常位で開かれたヴァギナが、バックから貫かれ、また違う形にこじ開けられると、彼女は悲鳴のような呻き声をあげた。欲情にたぎる男性器が後背位で挿入され、膣内をかきまぜられると、苦しげな吐息にまみれて、柱と壁を支えに悶える。子宮の奥深くまでピストンで汚されるたびに、逃れられぬように引き寄せられた腰が、突き上げられる衝撃でズンズンと揺れる。室外に声が漏れないよう、必死に歯を食いし...

  •  -
  •  -

性欲処理日記073

【旅先編 その1-4】犯してから何時間がたっただろうか。再び勃起したペニスを彼女の顔の前に突き出していた。「こんなのお口に入らない・・・」何度も咥えたペニスを手にしながら、彼女はそう言った。「硬くて長い・・・」彼女はうっとりとした目で勃起したペニス越しに僕の顔を見上げた。そんなセリフが彼女の口を出ることを知っていたら、彼女を抱いた男たちは彼女を手放さなかっただろう。そしていまならきっと、彼女はあなたのモ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記074

【旅先編 その1-5】目覚めるなり、裸に剥かれて情事の続きが始まる。夜中に上の口で舐め回したペニスが、寝起きの下の口にめり込まされる。まだ眠りから覚めきらない女の中で勃起したペニスを暴れさせる。好きなようにザーメンをぶちまけられる道具とされた彼女の女性器は、男性器が出し入れされるたびに、抵抗もせずにぐちゅぐちゅと淫靡な音を立て続ける。ひとしきり、朝の性交を味わわされた彼女はぐったりと横たわっていたが...

  •  -
  •  -