FC2ブログ

category: 拘束・バイブ・ディルド・電マ  1/1

性欲処理日記077

性欲処理の道具であることを可視化するかのように、拘束具でベッドに縛り付け、肢体をさらさせる。裸に剥かれ、胸も股間も丸見えになる。目隠しをされた彼女自身だけがその自分の姿も、どんな陵辱にさらされるのかも見ることができない。乳房を揉むと、警戒するように体を縮めようとするが、縛られた手首の革手錠が、彼女の自由を許さない。「こんなの、イヤ」と体を硬くして、不安のなかで押し黙る女の乳首を指先で嬲り、舌の上で...

  •  -
  •  -

性欲処理日記078

性欲が求めたのではない性交。望まない異物が体内に挿入され、ヴァギナの中で暴れ回る。体を硬直させて、呻き声ひとつあげようとしない。目隠しをされていて見えないが、きっと何の表情も浮かべずに、バイブが体内にめり込まされる感覚に見舞われているのだろう。彼女の性欲の嗜好も女としてのプライドも、拘束されて陵辱されることを激しく嫌悪していた。拘束具を外してもらえないことが分かった瞬間から、完全に心を閉ざしている...

  •  -
  •  -

性欲処理日記079

拘束されたままバイブで昇天させられた彼女は、そのことを認めないかのように、荒い息で胸を波打たせながらも、表情を圧殺したまま一言も言葉を漏らさなかった。拘束での陵辱がはじまったときには、「外して! こんなのイヤ!」と叫んでいたが、バイブでイかされたまま横たわる彼女は、、目隠しを外しても、目を合わそうともしなかった。手足にめり込む拘束具で大股を開かされた彼女の、陰毛の茂る恥丘を見下ろす。バイブの電動で...

  •  -
  •  -

性欲処理日記109

彼の弟が寝ている横でセックスをしたり、真昼の公園のベンチで男と股間をまさぐりあったりしながら、自分が淫らな女であることには気づいていない。アブノーマルなプレイや道具による陵辱への激しい嫌悪感。その拒絶反応こそが、彼女のヴァギナにペニスではないものが挿入される姿を見たいと思わせる欲求の根源だった。側位から尻の肉をかき分け、屈辱に濡れようとしない肉ひだを丸見えにさせる。おまんこにあてがわれる器具の生の...

  •  -
  •  -

性欲処理日記136

電マに敏感な乳首を嬲られ、身をよじらせて逃れようとする。「やめて!やめて!いや、そんなのいやっ!」泣き声に近い悲鳴をあげて許しを請うが、ブラジャーの上から、無機質な電マがまるで生き物のように這い回る。「いやだっ、やめてってば!」激しい振動でびくびくと身体を震わせながら、ベッドの上でのたうつ彼女にのしかかり、ショーツの上から割れ目に突き刺さるように生のペニスをあてがい押しつける。「・・・ううっ、うあ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記137

太ももまでずり下げられたショーツも、胸を嬲られてずりあげられたブラジャーも脱がせてもらえぬまま、電マで逝かされた性器を使われた彼女は、ぐったりと沈みこむようにベッドに横たわっていた。セックスを終えたときになって下着をむしり取られ、もういい、という声なき声で恨めしげに見上げる彼女を見下ろす。愛液と精液で赤黒く光るペニスを突き出して見せながら恥骨のふくらみに茂る陰毛を乱暴に手でまさぐる。二発・・・三発...

  •  -
  •  -

性欲処理日記152 バイブによる痙攣と昇天

望まない異物、ヴァギナの中で暴れ狂うバイブに、たびたびの屈辱の昇天へと導かれる。「・・・ああ・・・いやあっ・・・あっ、あっ、あっ・・・・あああんっ・・・!」下腹部が力み返り、グワングワンという無感情な音と振動にひとかけらの共感もないままにシンクロして、身体の真ん中へと挿入された機械を愛液にまみれさせながら、身をよじらせて激しくのけぞる。「ああっ・・・うああっ・・・!」昇天を隠しきれずに、これ以上硬...

  •  -
  •  -