FC2ブログ

category: 愛撫・クンニ・69  1/1

性欲処理日記021

スカートを剥ぎ取り、下着をむしり取り、腰をくねらせて四つん這いになり逃げようとする彼女の胸と股間を、陵辱をしたいという欲求の僕の指先で羽交い締めにする。硬くなる乳首を嬲り、柔らかな尻の肉をまさぐりその奥に潜む貪欲な性器と指先でキスを交わせば、あとは男を受け入れることは、僕には分かっている。そしてきっと、その指が他の男のものであったとしても・・・...

  •  -
  •  -

性欲処理日記029

舐められるよりも舐めることを好む。彼女の嗜好は分かってきた。しかし、その彼女の股間に顔を埋める。甘くすえた匂いがけむりたつ陰毛の茂みに近づき、顔をうずめる。目の前にさらけ出された、溢れようとする汁で光る割れ目を舌でなぞってみようか・・・...

  •  -
  •  -

性欲処理日記032

こじ開けられ、丸見えになった股間を這う指先。剥き出しにされたクリトリスからは、電流が直撃して脳髄を痺れさせるだろう。のけぞっても、閉じようとする足は強引に開かれ、そこには露わにされた雌蕊が快楽におびえて震えている。...

  •  -
  •  -

性欲処理日記056

雄を呼び寄せる香りを放つ淫蜜をむさぼる。割れ目に舌を這わせると、脳天を痺れさせる匂いが鼻を突く。「ああっ、いやっ! 入れて!」「何を?」男を求める彼女の穴を舌で嬲る。「おちんちん、入れて!」「どこに入れて欲しいんだ?」「そこ、そこに!」「どこだ?」舌をヴァギナの中にねじ込ませると、生暖かく白く泡だった愛液がじわりと溢れ出し、おまんこからアナルを濡らし、シーツへと滴り落ちてゆく。「ああっ、入れて、は...

  •  -
  •  -

性欲処理日記100

女性器に這わせた舌が、強い性欲の匂いに痺れる。ぴちゃぴちゃと音をたてて、割れ目の外側から舐めあげると、匂いはますます強烈になり、こもった吐息をもらす上の口と同様に、下の口も少しずつ開いてよだれを流し始める。「おっぱいも揉んで・・・」他の男を体が求めていると話せるようになると同時に、あけすけに快楽の性戯を要求してくるようになった。「両方の乳首をさわって・・・おまんこと、三カ所で愛撫されるのが気持ちい...

  •  -
  •  -

性欲処理日記104

人目にさらされるはずのない部位。花びらを舌先で左右にかき分け、じわりと溢れる淫蜜を吸う。おっぱいを鷲づかみにされた女は、髪を振り乱しながら、自分の性器が舌なめずりされるのを見る。雄の性器を体内に挿入させて結合するための器官、おまんこは、舐められることを想定していない。こじ開ける悦びは、こじ開けられる悦びと呼応しているだろうか。性交に必要のない快楽の方が、より動物的で野蛮だというパラドックス、クンニ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記116

ありえない雌の姿を目の当たりにする。尻を突き出すために無様に股を開き、雄の面前におまんこを押しつける。数分前まで洋服に身を包んで澄ましていた女ががに股のような姿勢で股間を顔に押しつけてくれば、雄は海綿体を硬く屹立させて、女の性器と口づけを交わすしかない。甘くすえた香りを放つ花びらに舌を這わせ、滲み出る淫蜜をむさぼる。より深く穴の奥まで垣間見ようとして女の尻の肉を鷲づかみにして、アナルまで丸見えにな...

  •  -
  •  -

性欲処理日記127

男を押し倒すようにベッドに引きずり込み、自分は服も脱がずに男の服と下着を剥ぎ取る。男を腰でプレスして動けないように押さえつけ、シックスナインの体勢を強制させながら目の前に屹立する勃起したペニスをつかむと、迷いもなく唇に迎え入れ、じゅっぽじゅっぽと凄まじい音を立てながらフェラチオに埋没する。「おっ、おおっ・・・!」肉竿を握る手のひらと指先から、力強いまでの彼女の性欲がペニスに伝わり、覚えず呻き声をあ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記177 四つん這いで花開く汚らしいおまんこ

脳髄を痺れさせる快感のためなら、秘すべき性器は天井を向くほどに突き出して差し出される。四つん這いになり、高く盛り上がる尻の肉をかき分けて、股間からアナルまで、雄の手のひらに包み込まれる。「うう・・・あはぁ・・・いやぁ・・・」籠もった吐息が上の口から漏れ、下の口からはどろりと粘着質な愛液が雄の指先を伝って陰毛を濡らし、シーツへと滴り落ちる。「ああ・・・いや・・・横にならせて・・・」「だめだ・・・イヤ...

  •  -
  •  -