FC2ブログ

tag: 愛液  1/2

性欲処理日記183 宙ぶらりんの性欲で放置される姿

おっぱいを鷲づかみにされて揉みしだかれ、パンツをずり下ろされ、いきなりぶちこまれた男根を拒むこともできず、男の股間を擦りつけられた陰毛が、恥丘のうえにけばけばしく荒ぶるように剥き出しにされる。「うあぁっ・・・」性交のさなか、犯されながらようやく濡れしたたった女性器から唐突にペニスを引き抜くと、じゅぼっという愛液が飛び散る音とともに、驚く彼女の情けないような呻き声が漏れる。男根を引き抜かれてずっぽり...

  •  -
  •  -

性欲処理日記180 「突然おまんこががばって開いて・・・」垂れ流される愛液

「女はいつでもセックスがしたいわけじゃないのよ」おまんこを愛撫させながら、彼女は言う。「・・・でも、外を歩いている何気ないとき、突然おまんこががばって開いちゃう感じで、男が欲しくなったりするの・・・」指先で大陰唇をなぞり、クリトリスをそっと撫でると、見る間に小陰唇がびらびらに開いてゆく。彼女の言葉通り、ヴァギナの奥が丸見えになるほどおまんこの穴ががばっと開き、とろとろと愛液を垂れ流し始める。「・・...

  •  -
  •  -

性欲処理日記179 あらゆるショーツを彩る愛液の結末

薄暗がりの中に浮かび上がるライトグリーンの滑らかな下着をまさぐる手の平に、覆い隠せない性欲に飢えた尻の肉の感触が伝わる。手の平と指先が蜘蛛のように腰から股間の上を這いずりまわるうちに、ショーツの布きれは性器にめり込むようにずり上がってゆく。股間を覆う布はやがてこより状になり、刺激に震えるクリトリスを剥きながら、汁を垂れ流す割れ目そのものになったかのように、細く性器にめり込もうとする。あらゆる素材、...

  •  -
  •  -

性欲処理日記177 四つん這いで花開く汚らしいおまんこ

脳髄を痺れさせる快感のためなら、秘すべき性器は天井を向くほどに突き出して差し出される。四つん這いになり、高く盛り上がる尻の肉をかき分けて、股間からアナルまで、雄の手のひらに包み込まれる。「うう・・・あはぁ・・・いやぁ・・・」籠もった吐息が上の口から漏れ、下の口からはどろりと粘着質な愛液が雄の指先を伝って陰毛を濡らし、シーツへと滴り落ちる。「ああ・・・いや・・・横にならせて・・・」「だめだ・・・イヤ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記176 ボディストッキングで性器をさらけ出す女

ボディストッキングの網目から滲み出る淫乱な本性は、ヴァギナが丸見えになる股間の大きな穴に具象化され、彼女が享受したい以上の痴女の悦楽として花開き、交わる雄と雌は、むせ返るような愛液の洪水に溺れることになるだろう。大開脚で晒される濡れしたたる陰毛とおまんこ。おまんこに触れる雄の中指が、第一関節から第二関節、そして指の根元までずぶ、ずぶと秘すべき穴の奥処へと侵入する。おまんこをまさぐりながら、もう一方...

  •  -
  •  -

性欲処理日記172 女から見た、射精された瞬間の自分の股間と男のペニス

愛撫とクンニで開ききったおまんこが、びちゃ、びちゃとおいしそうな音を立ててご馳走を頬張ってゆく。陰毛の茂みの下でぱっくりと開かれた性の穴に勃起した男根がめり込み、やがて男性器をすっかりと体内に迎え入れる。ガンガンと突き上げられるのを股間で受け止め、はあはあと喘ぎながら、彼女は「カメラ貸して・・・」とカメラを手に取った。千回を超えるピストンの果てに、濃厚な欲望の白い液を体に浴びせかけられると、「ああ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記171 子宮まで丸見えになるはしたなく大きな口を開く割れ目

クンニの舌先で嬲られ、左右にこじ開けられた小陰唇の奥に、男根を迎え入れるための穴が、割れ目どころではなく、はしたなく大きな口をがばっと開いている。覗き込むまでもなく、ヴァギナの奥深く子宮の入り口まで見えそうな性の受け口は、愛液のよだれをぐちゅぐちゅに垂らし、淫靡な香りを放って性行への恭順の意を示す。ペニスが通るための濡れた空洞、挿入の刺激と快楽におびえて待ち焦がれ、ひくひくと小刻みに痙攣する膣壁。...

  •  -
  •  -

性欲処理日記169 下着すら脱がせてもらえぬ交尾後の姿

赤黒くいきり立つ肉棒をいきなり体内に挿入される。「パンツ脱がせて・・・!」という哀願は聞き届けられず、おまんこは雄の亀頭を剥き、肉棒を生暖かい愛液で舐め回す快楽の器具となる。数十分に及ぶ激しいピストン。はあっ、はあっという雌の吐息を上げながら、脱がせてもらえぬままのパンツは太ももから膝までずり下がってゆく。正常位で、そして側位でペニスをしごかされ続けたおまんこから、愛液がこぼれ落ちる感触とともにぬ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記160 旅先編その2-5 性器結合のメインディッシュ

前戯というには濃厚すぎる汁を垂らし続け、愛撫の刺激と興奮で赤くふくらんだ秘部から、差し込まれていた指が引き抜かれる。無防備に開ききったおまんこにペニスをあてがうと、待ち受けていたかのように、愛液で熱くたぎる穴の奥へとずぶずぶと飲んでゆく。勃起した男性器と汁にまみれたはしたない女性器が、じゅぶっ、じゅぶっと結合の深みにめり込んでゆく響きを奏で始める。湿気を帯びた快楽の摩擦音は次第に大きくなり、それは...

  •  -
  •  -

性欲処理日記159 旅先編その2-4 指先のオードブル

乳首を嬲った指を、性器の中にぬぷぬぷと差し込んでゆく。クンニで舌を差し込まれたおまんこは、すでに淫液を滴らせているが、待ちわびるペニスではなく、指が差し込まれると、手マンでイけることをまだ知らない体をこわばらせて激しくのけぞった。下腹部を力ませる彼女の体の中で、膣壁が、子宮口が、ぐちゅぐちゅとかき混ぜられる。「うう・・・あうう・・・」彼女の膣から指を引き抜くと、「・・・うあぁっ・・・!」じゅぽっ、...

  •  -
  •  -

性欲処理日記158 旅先編その2-3 クンニから見る乳首

どれだけの時間、ペニスが彼女の口に含まれていただろう。唇で弄ばれた男性器は、赤黒く欲望を剥き出しにされて、幾重もの筋をたてて醜いまでにびくびくと痙攣しながら、彼女の口から涎とカウパー液とともに引き出された。「ふうっ・・・」吐息とともに、彼女の鼻先に姿を現した勃起した逸物。自分の口で舐め回して性欲に脈打つ雄の性器を、彼女は満足げに眺めている。「イっちゃえばいいのに。どうせまた勃たせてあげるのに・・・...

  •  -
  •  -

性欲処理日記155 愛液とザーメンの摩擦

セックスのために脱ぎ捨てた下着を再び身につけて、がばがばになるまで使われて開ききった性器を隠す。真っ白で粘着質な愛撫の痕跡、愛液でべっとり汚れた部分を、精液を垂れ流すおまんこに丁寧にあてがう。「あっ・・・また出ちゃう・・・」立ち上がると、膣内射精されたザーメンがヴァギナから溢れ出るという。すれ違った女性から、かすかにでも精液の匂いがしたならば、それは気のせいではないかもしれない。明日も彼女の裸体を...

  •  -
  •  -

性欲処理日記152 バイブによる痙攣と昇天

望まない異物、ヴァギナの中で暴れ狂うバイブに、たびたびの屈辱の昇天へと導かれる。「・・・ああ・・・いやあっ・・・あっ、あっ、あっ・・・・あああんっ・・・!」下腹部が力み返り、グワングワンという無感情な音と振動にひとかけらの共感もないままにシンクロして、身体の真ん中へと挿入された機械を愛液にまみれさせながら、身をよじらせて激しくのけぞる。「ああっ・・・うああっ・・・!」昇天を隠しきれずに、これ以上硬...

  •  -
  •  -

性欲処理日記147 愛液の水たまり

汗と愛液とにまみれて横たわる女体。陰毛から腹部にかけて浴びたどろどろのザーメンすら霞むほどの淫液が、洪水のようにシーツを浸す。交合を終えたあとも、淫らな汁はおまんこからとめどなく流れ落ち続け、びちょびちょのシーツのシミがじわじわと広がってゆく。シーツを滲み通し、マットレスまでぐちょぐちょに汚すほどだらだらと流れ落ちる愛液の水たまりは、彼女の性欲と快楽の深さを示すように、その深さをさらに増してゆくだ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記137

太ももまでずり下げられたショーツも、胸を嬲られてずりあげられたブラジャーも脱がせてもらえぬまま、電マで逝かされた性器を使われた彼女は、ぐったりと沈みこむようにベッドに横たわっていた。セックスを終えたときになって下着をむしり取られ、もういい、という声なき声で恨めしげに見上げる彼女を見下ろす。愛液と精液で赤黒く光るペニスを突き出して見せながら恥骨のふくらみに茂る陰毛を乱暴に手でまさぐる。二発・・・三発...

  •  -
  •  -

性欲処理日記127

男を押し倒すようにベッドに引きずり込み、自分は服も脱がずに男の服と下着を剥ぎ取る。男を腰でプレスして動けないように押さえつけ、シックスナインの体勢を強制させながら目の前に屹立する勃起したペニスをつかむと、迷いもなく唇に迎え入れ、じゅっぽじゅっぽと凄まじい音を立てながらフェラチオに埋没する。「おっ、おおっ・・・!」肉竿を握る手のひらと指先から、力強いまでの彼女の性欲がペニスに伝わり、覚えず呻き声をあ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記103

クンニとイラマチオに始まったセックスは、汗ばんだ女の肉体にどろりとした精液を浴びせることで終息した。陰毛に守られた恥丘もピストンの刺激で赤く盛り上がり、使い込まれたおまんこは、精子を注がれなかったことを恨むかのように、ひくひくと痙攣しながら、まるで精子のように濃厚な白濁した愛液にまみれている。二つの口を性欲処理に使われて火照った体を投げ出したまま息を切らしている彼女の体は、いまなら誰でも思いのまま...

  •  -
  •  -

性欲処理日記102

唾液とカウパー液にまみれたペニスを、イラマチオから解放されたばかりでぐったりと横たわる女の割れ目にあてがう。亀頭でなぞってやると、力を使い果たしたように半開きになった口から、「ああ・・・」と淫らな熱を帯びた声が漏れる。クリトリスから割れ目をなぞりアナルを刺激し、また割れ目をなぞってクリトリスをつつく。何度も何度も繰り返し秘所を往還し、少しずつ力を入れて押しつけると、カウパー液に愛液が交わり、太もも...

  •  -
  •  -

性欲処理日記092

正常位で感じた後に、「後ろからして」とおねだりすることは間々あるが、はじめからバックでの挿入には、気持ちも体も抵抗があることが多いだろう。恥ずかしい場所を男の性欲に差し出すように、おずおずとおまんこが空を向くように晒される。突き立てられたペニスが、おまんこの入り口をこじ開ける。「・・・・・・っ!」女を開かれる苦痛と期待に、声無き呻きがあがる。めりめりと音を立てるように膣の壁を押し開きながら、女体の...

  •  -
  •  -

性欲処理日記085

彼女の望み通り、彼女の裸体とちんちんを写真に撮ると、再び営みに戻った。まるで精液を中出しされたかのように彼女のおまんこから白濁した愛液が垂れ流される。そして、ピストンの刺激で赤くなった彼女の股間にザーメンをぶちまけた。太ももを開いたまま、ぐったりとする彼女を見下ろす。「中で出されたら、簡単に妊娠しちゃいそう・・・」彼女はそうつぶやく。この腰つきなら、いくらでも男をくわえこめるだろう。そして僕の精子...

  •  -
  •  -