FC2ブログ

tag: 性行為  1/1

性欲処理日記173 ロマンチックな生殖行為の可能性について

「いやらしいこととロマンチックな気持ちは両立しないのかしら・・・」これから肉棒を咥え込む体の汗を流しながら、彼女は呟く。どれだけ清潔にして、どれだけ取り繕っても、その奥で欲望に疼く性器はいつも愛欲と生殖の本質を露わにして白濁した汁にまみれながら性行為の結末を迎える。えげつなく花開く時を待ち構える肉ビラと、筋を立てて赤黒くいきりたち、射精の瞬間を待ち焦がれて脈打つ肉棒の摩擦行為。美しく優雅な振る舞い...

  •  -
  •  -

性欲処理日記149 紋様を脱ぎ捨てた裸体

ボディストッキングを剥ぎ取られたならば、こうした姿になるだろうか。性行為をめぐる下着と裸体のトポロジー、彼女の女体はいつでも男に射精を促す性欲に寄り添っている。階下にまで響くようなピストンの衝撃を数十分にわたり受け止め続けた彼女は、「・・・あっ!」という悲鳴を上げて、下腹部から枕まで激しく迸る射精を浴びた。恥丘にペニスをこすりつけられて射精されたにもかかわらず、まるで顔射を浴びたかのようにザーメン...

  •  -
  •  -

性欲処理日記146 つま先が天井を向く交合

まるで漫画のセックスシーンのように大開脚された太ももを上げて、足先が釣り上げられたかのように天井へと突き上げられる。男性器と女性器の結合のためには大がかりすぎる姿態で繰り広げられる性行為は、物理的な結合以上の淫らな共鳴を求める営みだ。陰毛まで湿らせる愛液の洪水をかき分けてペニスがヴァギナの奥深くまで侵入して陵辱する。興奮に震えて硬くなる乳首ごと乳房をまさぐり揉みしだくと、それを待っていたかのように...

  •  -
  •  -

性欲処理日記065

彼女の腰を突き上げて精子を出すために使った二人の男のほかに、彼女が裸を見せて手コキでイかせた男がいたという。二人目の男とセックスをしなくなり、男に飢えた体をもてあましていたときのことだ。男は彼女の手の中で射精をして、ペニスを握る彼女の指にどろどろと精液が垂れたという。下着の奥で精子を注がれるのを待ち望んでいる性器に挿入したのかどうか、僕はまだ知らなかった。その男との一夜きりの性行為を最後に、彼女の...

  •  -
  •  -

性欲処理日記046

ぐちゅぐちゅと白濁した愛液とカウパー液が混ざり合う性行為の果てに、ヴァギナの中で剥かれた亀頭が赤黒く脈打ち、ペニスは欲情を抑えきれなくなる。腰を引き上げると、男を受けとめる骨盤といやらしそうな陰毛が生い茂る恥骨が生々しく目の前にせり上がる。小陰唇の肉ひだがペニスを舐めるように頬張る。数え切れないほど犯した彼女の女性器の中に、抑制のきかなくなった男性器は激しく射精させられた。いきりたつ陰茎は、膣内射...

  •  -
  •  -

性欲処理日記026

とある出先、いまにも人が来る部屋で愛撫する。胸をはだけさせ、ズボンをずり下ろす。彼女は拒まない。ドアの外で人の気配がするたびに愛撫をとめる。足音が去り、下着を剥ぎ取る。彼女は自ら望むように椅子に手をついて腰を突き出してきた。ズボンの中に隠されているときには細身に見える彼女の腰は、実際には男に飢えていやらしく豊かに熟れていた。彼女は椅子を軋ませながら、声を押し殺して、突き上げられる男根をバックから受...

  •  -
  •  -