FC2ブログ

tag: 性交  1/1

性欲処理日記180 「突然おまんこががばって開いて・・・」垂れ流される愛液

「女はいつでもセックスがしたいわけじゃないのよ」おまんこを愛撫させながら、彼女は言う。「・・・でも、外を歩いている何気ないとき、突然おまんこががばって開いちゃう感じで、男が欲しくなったりするの・・・」指先で大陰唇をなぞり、クリトリスをそっと撫でると、見る間に小陰唇がびらびらに開いてゆく。彼女の言葉通り、ヴァギナの奥が丸見えになるほどおまんこの穴ががばっと開き、とろとろと愛液を垂れ流し始める。「・・...

  •  -
  •  -

性欲処理日記164 旅先編その2-9 湯上がりの女体には盗撮を

一昼夜のうちに、できる限りのセックスを強いられた体。宿を後にする直前、幾度目かの湯浴みで精液の匂いを洗い落とし部屋に戻る。首筋から胸へと湯のしずく、股間から太ももへと滴る汗を拭う姿が、セックスを意識していないが故のあけすけな生々しさで、盗撮されるレンズ越しに曲線を描いて蠢く。男の視線を感じていない裸体、セックスの欲望を挑発するつもりのない彼女の裸体を垣間見る機会はほとんど無い。出会うときは、常にど...

  •  -
  •  -

性欲処理日記162 旅先編その2-7 再び湯浴み、そして顔射

温泉宿の一室で欲情の体液にまみれた体。体中にまとわりつくザーメンを荒い落とす。性交を終えたばかりの女は、他の雄が警戒せずに近寄れるよう、裸体にのしかかった男の匂いを素肌から消すために、外からも見える白昼の温泉で再び湯浴みをする。セックス後のメンテナンスは、次なるセックスへのメンテナンスに他ならない。湯上がり、髪すらまだ乾かぬうちに、部屋に戻った彼女を再び布団の上に押し倒す。「あっ、いやっ・・・ちょ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記143

交尾を終えたばかりの淫らに充実した腰つきは、セックス前の腰つきと比べて、一目でそれと分かる。飢えた腰つきから、より熟れた腰へ。性欲の沼へと引きずり込まれた尻を隠すこともできず、情事を受け止めたそのままの姿で横たわる。バックからパンパンと突き上げられるたびに激しく揺れつづけた白い尻。その柔らかい肉をかき分けると、どろどろにとろけたえげつない女性器が隠されている。犯した男が、精液を注いだその秘部に感興...

  •  -
  •  -

性欲処理日記132

寝乱れたベッドをよそに、何食わぬ顔で日常に戻ろうとする。男をくわえ込んで満たされたばかりの腰をスリップでそらぞらしく隠しても、まるでヴァギナから愛液と精液が滲み出るように、淫乱な性行の余韻がその腰つきの曲線となって滲み出る。服を着ようとする彼女を背後から羽交い締めにして、再び押し倒してベッドに引きずり込む。「あっ、いや!やめて、やめてってば!」「・・・・・・!」無言で襲いかかり、彼女が押さえようと...

  •  -
  •  -

性欲処理日記131

どろどろにとろけた穴に、欲情をたぎらせた肉棒をたっぷりとくわえこみ、男を使い性欲を満たした身体から、精液の匂いを消す。街なかは、性交を終えた身体を隠して行き交う男女で溢れているはず・・・明日も彼女の裸体を見てくださる方は、どうぞシャワーを浴びた彼女の身体を再び犯してやるつもりでクリックを・・・...

  •  -
  •  -

性欲処理日記104

人目にさらされるはずのない部位。花びらを舌先で左右にかき分け、じわりと溢れる淫蜜を吸う。おっぱいを鷲づかみにされた女は、髪を振り乱しながら、自分の性器が舌なめずりされるのを見る。雄の性器を体内に挿入させて結合するための器官、おまんこは、舐められることを想定していない。こじ開ける悦びは、こじ開けられる悦びと呼応しているだろうか。性交に必要のない快楽の方が、より動物的で野蛮だというパラドックス、クンニ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記097

「死んじゃう・・・もう出して・・・」数時間に及ぶセックスで、息も絶え絶えに声を絞り出す彼女の腰を引き寄せ、ペニスを出し入れし続け、犯し続ける。ずぼっとペニスを抜き出され、自分を犯している男に見下ろされ、裸体を写真に撮られても、恨めしそう一瞥するだけで身動きすらできない。その太ももを開かせて丸見えにさせた股間に、再び、三たび、四たびとぶちこむ。まるで、他の男との性交を不可能にさせるためであるかのよう...

  •  -
  •  -

性欲処理日記086

持ち上げられた両足の間は丸見えになる。太ももの間に露わにされた割れ目をペニスでなぞり、淫らなひだをこじ開けられるか物色する。望まない体位での性行。そこに生じる違和感、他の男に突かれているかのような錯覚。いつもと違う部位にあたり、苦しげに呻く女の肩を押さえ込む。めりめりと音をたてるかのように、男根が無理矢理、彼女の体内にねじ込まれてゆく。膝に手を当てて股間をこじ開けさせる。欲棒が完全に膣内に埋没する...

  •  -
  •  -

性欲処理日記074

【旅先編 その1-5】目覚めるなり、裸に剥かれて情事の続きが始まる。夜中に上の口で舐め回したペニスが、寝起きの下の口にめり込まされる。まだ眠りから覚めきらない女の中で勃起したペニスを暴れさせる。好きなようにザーメンをぶちまけられる道具とされた彼女の女性器は、男性器が出し入れされるたびに、抵抗もせずにぐちゅぐちゅと淫靡な音を立て続ける。ひとしきり、朝の性交を味わわされた彼女はぐったりと横たわっていたが...

  •  -
  •  -

性欲処理日記063

一人目のペニスか、それとも二人目のペニスか。セックスの味を知らしめられた彼女は、抱かれる前からおまんこがぐちゅぐちゅに濡れているのを恥じて、性交の前にそっと拭いていたこともあったという。そのときの彼女の体しか知らない男たちが、この下着の中に手を差し込んでまさぐり、熟れて淫らな今の彼女の肉体を目の当たりにすれば、彼女にねじ込んで瞬く間に射精するだろう。そして、彼女も密かにそれを望んでいる。元の彼から...

  •  -
  •  -