FC2ブログ

tag: おまんこ  1/4

性欲処理日記183 宙ぶらりんの性欲で放置される姿

おっぱいを鷲づかみにされて揉みしだかれ、パンツをずり下ろされ、いきなりぶちこまれた男根を拒むこともできず、男の股間を擦りつけられた陰毛が、恥丘のうえにけばけばしく荒ぶるように剥き出しにされる。「うあぁっ・・・」性交のさなか、犯されながらようやく濡れしたたった女性器から唐突にペニスを引き抜くと、じゅぼっという愛液が飛び散る音とともに、驚く彼女の情けないような呻き声が漏れる。男根を引き抜かれてずっぽり...

  •  -
  •  -

性欲処理日記182 「またがりたい。垂れてる」という10文字のメール。

「またがりたい。垂れてる。」ただそれだけの文字が、メールの受信画面に並ぶ。彼女の言った、「外を歩いている何気ないとき、突然おまんこががばって開いちゃう感じで、男が欲しくなったりするの・・・」その感覚に見舞われ、人なかでおまんこをぐちゅぐちゅに濡らしながら素知らぬ顔をして歩いているのだろうか。人混みですれ違う男たちのなかで、ショーツの奥の陰毛に隠された性器からだらだらと垂れ流される濃厚な淫液、飢えた...

  •  -
  •  -

性欲処理日記180 「突然おまんこががばって開いて・・・」垂れ流される愛液

「女はいつでもセックスがしたいわけじゃないのよ」おまんこを愛撫させながら、彼女は言う。「・・・でも、外を歩いている何気ないとき、突然おまんこががばって開いちゃう感じで、男が欲しくなったりするの・・・」指先で大陰唇をなぞり、クリトリスをそっと撫でると、見る間に小陰唇がびらびらに開いてゆく。彼女の言葉通り、ヴァギナの奥が丸見えになるほどおまんこの穴ががばっと開き、とろとろと愛液を垂れ流し始める。「・・...

  •  -
  •  -

性欲処理日記178 「他の女に出したよりも大量の精子を出して!」と叫ぶ女への射精

ぬるぬるしたヴァギナが、欲棒に一突き貫かれるたびに。ぬぷぬぷ、ずぶずぶ、ぐちゅぐちゅ、と水分を帯びてゆく。「はあっ、はあっ、ああっ、ああん・・・!もうイって!・・・壊れちゃう、おまんこ壊れちゃう・・・!」ピストンでおっぱいを揺らされる女の悶絶の絶叫に連動して、どすん、どすんと雄に突き上げられて求められる悦びを受け止め続けるおまんこは、じゅぼっ、じゅぼっと涎を垂らす音を響き渡らせる。突かれるたびに、...

  •  -
  •  -

性欲処理日記177 四つん這いで花開く汚らしいおまんこ

脳髄を痺れさせる快感のためなら、秘すべき性器は天井を向くほどに突き出して差し出される。四つん這いになり、高く盛り上がる尻の肉をかき分けて、股間からアナルまで、雄の手のひらに包み込まれる。「うう・・・あはぁ・・・いやぁ・・・」籠もった吐息が上の口から漏れ、下の口からはどろりと粘着質な愛液が雄の指先を伝って陰毛を濡らし、シーツへと滴り落ちる。「ああ・・・いや・・・横にならせて・・・」「だめだ・・・イヤ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記176 ボディストッキングで性器をさらけ出す女

ボディストッキングの網目から滲み出る淫乱な本性は、ヴァギナが丸見えになる股間の大きな穴に具象化され、彼女が享受したい以上の痴女の悦楽として花開き、交わる雄と雌は、むせ返るような愛液の洪水に溺れることになるだろう。大開脚で晒される濡れしたたる陰毛とおまんこ。おまんこに触れる雄の中指が、第一関節から第二関節、そして指の根元までずぶ、ずぶと秘すべき穴の奥処へと侵入する。おまんこをまさぐりながら、もう一方...

  •  -
  •  -

性欲処理日記172 女から見た、射精された瞬間の自分の股間と男のペニス

愛撫とクンニで開ききったおまんこが、びちゃ、びちゃとおいしそうな音を立ててご馳走を頬張ってゆく。陰毛の茂みの下でぱっくりと開かれた性の穴に勃起した男根がめり込み、やがて男性器をすっかりと体内に迎え入れる。ガンガンと突き上げられるのを股間で受け止め、はあはあと喘ぎながら、彼女は「カメラ貸して・・・」とカメラを手に取った。千回を超えるピストンの果てに、濃厚な欲望の白い液を体に浴びせかけられると、「ああ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記171 子宮まで丸見えになるはしたなく大きな口を開く割れ目

クンニの舌先で嬲られ、左右にこじ開けられた小陰唇の奥に、男根を迎え入れるための穴が、割れ目どころではなく、はしたなく大きな口をがばっと開いている。覗き込むまでもなく、ヴァギナの奥深く子宮の入り口まで見えそうな性の受け口は、愛液のよだれをぐちゅぐちゅに垂らし、淫靡な香りを放って性行への恭順の意を示す。ペニスが通るための濡れた空洞、挿入の刺激と快楽におびえて待ち焦がれ、ひくひくと小刻みに痙攣する膣壁。...

  •  -
  •  -

性欲処理日記169 下着すら脱がせてもらえぬ交尾後の姿

赤黒くいきり立つ肉棒をいきなり体内に挿入される。「パンツ脱がせて・・・!」という哀願は聞き届けられず、おまんこは雄の亀頭を剥き、肉棒を生暖かい愛液で舐め回す快楽の器具となる。数十分に及ぶ激しいピストン。はあっ、はあっという雌の吐息を上げながら、脱がせてもらえぬままのパンツは太ももから膝までずり下がってゆく。正常位で、そして側位でペニスをしごかされ続けたおまんこから、愛液がこぼれ落ちる感触とともにぬ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記160 旅先編その2-5 性器結合のメインディッシュ

前戯というには濃厚すぎる汁を垂らし続け、愛撫の刺激と興奮で赤くふくらんだ秘部から、差し込まれていた指が引き抜かれる。無防備に開ききったおまんこにペニスをあてがうと、待ち受けていたかのように、愛液で熱くたぎる穴の奥へとずぶずぶと飲んでゆく。勃起した男性器と汁にまみれたはしたない女性器が、じゅぶっ、じゅぶっと結合の深みにめり込んでゆく響きを奏で始める。湿気を帯びた快楽の摩擦音は次第に大きくなり、それは...

  •  -
  •  -

性欲処理日記158 旅先編その2-3 クンニから見る乳首

どれだけの時間、ペニスが彼女の口に含まれていただろう。唇で弄ばれた男性器は、赤黒く欲望を剥き出しにされて、幾重もの筋をたてて醜いまでにびくびくと痙攣しながら、彼女の口から涎とカウパー液とともに引き出された。「ふうっ・・・」吐息とともに、彼女の鼻先に姿を現した勃起した逸物。自分の口で舐め回して性欲に脈打つ雄の性器を、彼女は満足げに眺めている。「イっちゃえばいいのに。どうせまた勃たせてあげるのに・・・...

  •  -
  •  -

性欲処理日記157 旅先編その2-2 湯上がりにはフェラチオを

湯上がりの上気した顔で肉棒にむしゃぶりつく。それ以上硬くなれないほどいきり立っている肉竿をしっかりと握りしめて手コキで激しくしごき、「もっと硬くなって、もっと!」とイヤらしい目つきでペニスと男の表情を見比べる。「ああ・・・大きい・・・」そう言いながら、見たこともないほど大きく口を開けて、これがフェラチオの醍醐味なのよ、イクまではなさないわ、とでも言いだげに、喉の奥に届くほどたっぷりとくわえ込んで、...

  •  -
  •  -

性欲処理日記155 愛液とザーメンの摩擦

セックスのために脱ぎ捨てた下着を再び身につけて、がばがばになるまで使われて開ききった性器を隠す。真っ白で粘着質な愛撫の痕跡、愛液でべっとり汚れた部分を、精液を垂れ流すおまんこに丁寧にあてがう。「あっ・・・また出ちゃう・・・」立ち上がると、膣内射精されたザーメンがヴァギナから溢れ出るという。すれ違った女性から、かすかにでも精液の匂いがしたならば、それは気のせいではないかもしれない。明日も彼女の裸体を...

  •  -
  •  -

性欲処理日記154 体調不良によるノーブラでのセックス

ブラジャーも着けずに、白いシャツにおっぱいと乳首を丸見えにさせ、マスクをしてふらふらと現れた彼女をホテルに連れ込み、スカートと下着を剥ぎ取りベッドに押し倒す。体調が悪いのは一目瞭然だが、ノーブラで乳首を透けさせる自分の装いに、朦朧としながら興奮しているに違いない。おまんこは触るまでもなく、ぐちゅぐちゅと音を立てるまでに濡れそぼっている。ぐったりと横たわる彼女の太ももを開かせる。熱か、性欲か、股間か...

  •  -
  •  -

性欲処理日記151 セックス後は素肌にガードルを

前戯の執拗な愛撫で、股間の部分がぬるぬるの愛液にまみれた下着。セックスの後、少し迷いながら彼女は濡れた下着を身につけずに、素肌にガードルを穿いた。「換えの下着を持ってくればよかった・・・」そう呟きながら、男をくわえこんだばかりの尻をガードルで包みこみ、服を着て、身だしなみを整える。ぐちゅぐちゅに開いたおまんこがガードルから透けていることなど何食わぬ顔で、人混みのなかに消えた彼女が、あなたの隣にいた...

  •  -
  •  -

性欲処理日記150 正常位の恍惚

おまんこを差し出すように股を開き、男の腰が沈み込んで来るのを迎え入れる。「来て・・・」潤った女性器に、それが自然であるかのように硬くそそりたった男性器が飲み込まれてゆく。「ああ・・・」挿入されてゆくにつれ、太ももはますます開かれてゆく。「・・・あっ、いやっ・・・なんか気持ちいい・・・・・・あ、あっ、イっちゃう・・・イク、イっちゃう!・・・ああああんっ!!」正常位で静かに抱かれた彼女は、挿入されてわ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記147 愛液の水たまり

汗と愛液とにまみれて横たわる女体。陰毛から腹部にかけて浴びたどろどろのザーメンすら霞むほどの淫液が、洪水のようにシーツを浸す。交合を終えたあとも、淫らな汁はおまんこからとめどなく流れ落ち続け、びちょびちょのシーツのシミがじわじわと広がってゆく。シーツを滲み通し、マットレスまでぐちょぐちょに汚すほどだらだらと流れ落ちる愛液の水たまりは、彼女の性欲と快楽の深さを示すように、その深さをさらに増してゆくだ...

  •  -
  •  -

性欲処理日記146 つま先が天井を向く交合

まるで漫画のセックスシーンのように大開脚された太ももを上げて、足先が釣り上げられたかのように天井へと突き上げられる。男性器と女性器の結合のためには大がかりすぎる姿態で繰り広げられる性行為は、物理的な結合以上の淫らな共鳴を求める営みだ。陰毛まで湿らせる愛液の洪水をかき分けてペニスがヴァギナの奥深くまで侵入して陵辱する。興奮に震えて硬くなる乳首ごと乳房をまさぐり揉みしだくと、それを待っていたかのように...

  •  -
  •  -

性欲処理日記142

雄を迎え入れるために下着を脱ぐ。秘部を覆う下着のシミも判然としない暗闇のなかで、これからたっぷりと使われる尻が性欲ではちきれそうな姿態でさらけだされる。そう口にはしないが、「このおまんこに入れたいんでしょ・・・」という挑発となり、女の熟れた性欲が薄暗がりのなかで白く浮かび上がる。太ももから膝へと下げたショーツを脱ぐために腰をかがめると、まるで押しつけられるかのように白い尻が目の前に迫る。その尻の肉...

  •  -
  •  -

性欲処理日記141

セックスをするために落ち合う夜半、スパッツ姿で現れた彼女の股間には肉感丸出しのおまんこのふくらみが露骨にさらされていた。性器の形をかたどるその下半身の姿が、通りすがりの男たちにおかずを提供していることを彼女は知っているのだろうか。おそらく気づいていない彼女を視姦して股間をまさぐり、割れ目の形を浮き彫りにして汁を滲ませてやっていただきたい・・・明日も彼女の裸体を見てくださる方は、どうぞスパッツの股間...

  •  -
  •  -